令和の3億円事件真相と伊東拓輝の手口や裁判と現在は【仰天ニュース】

2020年9月15日に放送される「ザ!世界仰天ニュース」で令和の3億円事件について特集されます。

この事件は、2019年9月にアサヒセキュリティ新三郷本部の元社員であった伊東拓輝被告が会社の金庫から現金約3億6千万円を盗み出した事件です。

盗んだ額から❝令和の3億円事件❞とも称されましたが、伊東拓輝被告は1ヶ月もしない内に逮捕されることに。

この記事では、伊東拓輝被告が起こした事件の内容や裁判結果と現在について紹介していきます。

【仰天ニュース】伊東拓輝が会社から3億6千万を窃盗!犯行から逮捕されるまで

伊東拓輝被告の犯行から逮捕されるまでの時系列はこちら。

伊東拓輝被告の犯行から逮捕されるまでの流れ

  • 9月4日:午前で退勤→金庫に侵入して段ボールにお金を詰める→会社の配送車を利用して私書箱に送る
  • 5日:勤務予定も欠勤。同僚に「休む」と連絡
  • 6日:欠勤。会社が防犯カメラをチェックすると伊東拓輝被告の姿を確認。自宅を訪れるも行方不明
  • 9日:全国に指名手配される
  • 27日:逮捕

伊東拓輝被告は見かけた人の通報によって9月27日に渋谷駅付近で逮捕されることに。

当時の所持金は108万円と十分な大金なのですが、3億6千万円を盗んだ割には・・・と感じた方も多くいたかもしれませんね。

盗んだをお金は2つのスーツケースとリュックに入っており都内や千葉県内のコインロッカーに入れられ、翌日までに3億5,743万円が見つかっています。

伊東拓輝被告は動機について

  • 「今の生活が苦痛で脱却したかった」
  • 「今後、生きていくための生活費として使うに盗んだ」

と述べており加えて単独での犯行であったことも述べていたようです。

伊東拓輝被告は学生時代の奨学金500万円とクレジット150万円の合わせて650万円の借金があった事から犯行に及んだのでしょう。

 

私書箱やホテルを使うなど計画された手口?

犯行から3週間ほどで逮捕された伊東拓輝被告ですが、意外にも計画的な犯行だったのではないかと言われているようです。

実際、会社のスケジュールから金庫に人が近寄らない空白の3日間を把握。

そして、マネージャーに昇格した事を利用して職員に怪しまれないように協力を得て金庫に侵入。

さらに、郵便局内などに設置されている私書箱の使用やホテルの予約。

私書箱とは

郵便局内に設置された、錠付きの箱、ロッカーであり、あらかじめ私書箱使用を申し込んで鍵を受け取っている人が、郵便局から郵便物を受け取るためのものである。

(引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/)

いわゆる郵便局留めの荷物などに利用されるもののようです。

加えて、防犯カメラの追跡を逃れるためにタクシーのみの利用や埼玉から千葉までの移動など行動範囲を広げていたようです。

伊東拓輝被告は5日の正午に私書箱からお金の入った段ボールを受け取りホテルにチェックイン。

ホテルでリュックとスーツケースにお金を入れ替え、チェックインから2時間後にはチェックアウトしていたようです。

犯行からわずか30時間でどこでもいけるような状態になっていたことになります。

しかし、伊東拓輝被告はお金を盗んだ後の計画をほとんど考えていなかったとのこと。

そのためラブホテルやマンガ喫茶に潜伏して計画を練っていたようですが、思いつく計画はどれもずさんなものであり、3週間での逮捕に至ったみたいです。

 

伊東拓輝の裁判判決結果と現在は

そして、伊東拓輝被告の裁判については2020年1月にさいたま地裁が懲役4年6月の実刑判決を下しています。

しかし、伊東拓輝被告側は控訴しており裁判は現在も続いてると思われます。

伊東拓輝被告側は会社との示談がすでに成立している事から執行猶予を求めていたようですが、判決では退けられた事からの控訴ではないかと。

2回目の裁判で伊東拓輝被告にどのような判決が下されるのか今後が注目です。

2018年滋賀大学生詐欺で冤罪!裁判無罪も内定取り消しで現在は?【仰天ニュース】

2020年1月21日

愛知豊明母子4人放火殺人未解決事件の真相や犯人は?父親加藤博人は詐欺で逮捕【仰天ニュース】

2020年3月31日

テレビで放送されたミステリー・事件の記事はこちら