2016年8月ジョンFケネディ空港で銃声発砲!勘違い原因は?【仰天ニュース】

2019年2月11日に放送される「仰天ニュース」でアメリカ・ニューヨークのジョン・F・ケネディ国際空港で起きた発砲騒動について放送されます。

騒動は2016年8月に起きます。

空港で発砲・銃声音を聞いたとの通報があり、空港は一時期パニック状態に陥ります。

しかし、後に銃声・発砲音は勘違いであった事が判明。

銃声・発砲音と聞き間違える原因や理由は何だったのか紹介していきます。

【仰天ニュース】2016年8月にアメリカのジョン・F・ケネディ(JFK)空港で発砲・銃声音騒動

騒動は2016年の現地時間8月14日の夜に起きます。

アメリカ・ニューヨーク州ブルックリンにあるジョン・F・ケネディ(JFK)空港のターミナル8エリアで発砲音(銃声)があったという通報がされます。

警察はすぐさま利用客を空港の外に避難させて周辺の道路を封鎖。

空港の外は利用客などで溢れかえり、一時空港はパニック状態になりました。

その後、警察は捜査するち銃弾ややっきょなど発砲の原因となる証拠が見つからず。

また、負傷者もおらず犯人も見つかる事はなかったそうです。

そのため誰かのいたずらという可能性が浮上する事に。

 

銃声・発砲音の原因・理由はリオ五輪?

発砲・銃声音の招待は何だったのでしょう。

海外のメディアによると原因は当時開催されていたリオデジャネイロ五輪ではないかと言われています。

2016年8月はリオ五輪が開催されており、空港にあるテレビでもその様子が放映されていたのでしょう。

おそらく、通報した人物は利用客の歓声や拍手などが1つに混じりあって発砲・銃声音と勘違いしたのかもしれませんね。

また、ジョン・F・ケネディ空港はアメリカを代表する空港の1つでもあります。

そのため普通の空港の何倍もの利用客がいた事も発砲・銃声音と勘違いしてしまう原因となったのかもしれません。

 

まとめ

2016年8月ジョンFケネディ空港で銃声発砲!勘違い原因は?】について紹介しました。

歓声や拍手を発砲・銃声音と聞き間違えるという事は当時空港には相当な客がいたのでしょう。

アメリカゆえにこういった事件が本当に起きてしまう事は十分にありえそうですが、勘違いでよかったですね。

カンニング竹山とういめまい症(病気)の原因や現在は克服?【仰天ニュース】

2020年2月4日