木山裕策(home)現在は会社員を辞職?子供の年齢や画像とがんは克服?

2007年にテレビ番組のオーディション番組で一躍注目を集めた木山裕策さん。

その後、2008年に歌手デビューし、デビュー曲の「home」が大ヒット。

同年に紅白歌合戦に初出場するなど時の人となりました。

そんな木山裕策さんの現在は何をしているのか紹介していきます。

木山裕策さんの現在は会社員を辞職してフリー?

2008年にリリースしたデビュー曲「home」で大ヒットした木山裕策さん。

現在はデビューした時から所属していた事務所「tearbridge production」を辞めた事を発表。

また、エイベックス・マネジメントと結んでいた専属契約も解消されていたようです。

実は、去年11月にデビューからずっとお世話になっていた事務所を離れました。

50歳になったのをきっかけに、これからの10年の過ごし方をちゃんと考えたい、と思ったんです。

30代は会社員として昼夜かまわず働きどおしで、39歳でデビュー、40代は会社員と歌手活動を並行し、ほとんど休みなく走り続けてきました。

で、思ったより40代が早く過ぎてしまった。

この調子で50代を生きていいのかと、この1年、ずっと考えていました。

これからの10年は歌を中心に組み立てたい”。

60歳になってからでは、体力が衰えているかもしれない。

ならば最後にもう一回、ここで自分のやりたいことを整理しようと、勤めていた会社も辞めました。

(引用:Yahooニュース)

このように木山裕策さんは50代以降の生き方を見直すため・これから見据えて事務所と会社も辞めたそうです。

木山裕策さん26歳の時にリクルートに就職。

その後も子供の時間を作るために何度も転職を繰り返えされていました。

また、事務所やを辞めた理由については

僕はいったんここでリセットして、ゼロから新しいスタートを切りたかったんです。

“ゼロスタート”をしたがるのは、僕のクセのようなものですね(笑)。

そして、小規模でもいろんなところで、たくさんやりたいことがある

(引用:Yahooニュース)

と語っています。

事務所に所属して小規模の仕事ばかりやっていたら事務所に迷惑がかかると思っての決断だったそうです。

それでも事務所の社長とは仲がいいそうです。

会社を辞めた後もシェアオフィスで朝の9時から18時まで勤務。

また、サラリーマン時代の経験を活かして個人での営業もされているようです。

 

みんな反応

デビューのきっかけとなった当時の番組を観ていたけど、 プロデューサーが「デビューの条件は会社をやめないこと」と言っていてその約束をずっと守っていたんだね。

茜色に染まる、その道を突き進んで欲しいね。 応援してます!

これからは雇用されるのではなく、自らやりたい事をやる時代に変化する。

YouTubeもあるし、人の心を打つ歌で有れば聴く人は居ます

当時から家族を守るっていう気持ちが言動にあらわれていて、とても好感がありました。

homeは今聞いても色褪せない名曲だと思います。 頑張って下さい(^^)

(引用:Yahooコメントより)

 

がんは克服した?

木山裕策さんは2004年(当時36歳)の時に甲状腺がんを患っている事が発覚。

医者から「手術で声を失うかもしれない」と宣言。

木山裕策さんはその時「手術が成功してもし声が残っていたら、多くのひとに自分の歌声を届けたい」と願ったそうです。

そして、手術は無事成功。

リハビリも上手くいった事で念願だったオーディション番組に出演する事がかなったわけです。

その後、がんの再発はなくこまめな現在では定期健診や服薬もしていないそうです。

本人にとっては非常に嬉しい事でありますね

 

子供の画像や年齢も紹介!

木山裕策さんには4人の子供がいらっしゃいます。

2016年に掲載された記事では子供の年齢についても紹介されていました。

共働きで4人の息子(20歳、17歳、14歳、9歳))のパパであり、プロの歌手でもある木山裕策さん(47歳)。

(引用:日経DUAL)

4人の子供は今年で24歳、21歳、18歳、13歳となりますね。

長男はすでに就職している可能性も考えられますね。

また、次男は大学生で焼肉屋でアルバイト。

三男はつい先日センター試験を受けたとインスタで報告されていました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

昨日は三男のセンター試験でした。 色々大変だったみたいですが、ひとまず「おつかれさま!!」

Kiyama Yusaku(@kiyamayusaku)がシェアした投稿 –

四男はまだ中学1年生という事、

 

過去には家庭崩壊の危機も

また、木山裕策さんは「home」が大ヒットした時、メディア出演が増えた事で家庭崩壊の危機に陥ったそうです。

発端はデビュー後1年くらいしてからのネットの誹謗中傷。

曲がヒットして木山さんのメディアへの露出が増えて家族も出演してくれと手レビ局からはオファーが来ます。

良かれと思って奥さんが出演したりしていましたが、大衆はやっかみの生き物です。

ネットには「木山の嫁は出たがり」や「見たくない」「不愉快」などの書き込みが・・・。

それを見た妻が苦悩し夫婦関係に亀裂が生じるようになりました。

さらには長男が荒れ始め嫁と取っ組み合うほどの喧嘩が起きる事も。

原因は学校で「木山の息子だろ?HOME歌えよ」などと言われからかわれたことに

(引用:https://front-back.net/kiyamayusaku-home-cancer-wife/)

その後、木山裕策さんは家庭崩壊を立て直すために会社を退職。

当時、平日はサラリーマンで休みの日は歌手と多忙な日々を過ごしていた木山裕策さん。

会社を辞めた事で時間に余裕が出来て妻や子供たちと向き合う時間が増えたようです。

その甲斐あって、家庭は徐々にに以前にような

 

あなたにオススメの記事