薬物疑惑九州出身大物お笑いタレントXは誰?コンビでテレビ出演多数【TOCANA】

2019年2月12日にTOCANAが【次に薬物逮捕される「好感度高い、大物お笑いタレントX」とは?】という記事を掲載して話題になっています。

記事では九州出身の大物お笑いコンビの片割れXの薬物疑惑について取り上げています。

TOCANAが報じた九州出身の大物お笑いコンビの片割れXが誰なのかヒントと共に紹介していきます。

薬物疑惑元お天気お姉さんXは誰?天然キャラでモデル実績も【TOCANA】

2020年2月8日

薬物疑惑人気ベテラン芸人Xは誰?漫才コンビボケ担当でモノマネが得意【TOCANA】

2020年2月9日

九州出身のお笑いコンビの片割れX(大物お笑いタレント)に薬物疑惑!テレビ出演多数で好感度も高い【TOCANA】

TOCANAではXついて以下のように報じています。

Xについての情報

  • 九州出身のお笑いコンビの片割れ
  • 違法薬物である大麻、合成麻薬MDMAの疑惑
  • テレビ番組にも多数出演
  • 数字が取れる人物として評価
  • 若手の面倒見もよく好感度も高い
  • 日によって喜怒哀楽が激しく
  • お笑い芸人としては命である咄嗟のアドリブなどが出ない日もあると言われてる
  • マトリのS(スパイ)からの情報として“定期的にマトリが行動確認をしている

どうやらXは九州出身のお笑いコンビの片割れでテレビ番組に多数。

好感度もあり視聴率も取れる大物お笑いタレントでもあるようです。

そこで、九州出身の大物お笑いコンビについてを調査。

九州出身の大物お笑いコンビ
  • H◯◯◯・H◯
  • N◯◯
  • K◯◯◯◯・T

 

九州出身の大物お笑いコンビ「H◯◯◯・H◯」

九州出身で大物お笑いコンビとなるとやはり「H◯◯◯・H◯」というイメージが強いですね。

H◯◯◯・H◯は片方が最初はモノマネなどで人気を博していました。

その後は相方も「じゃないほう芸人」から抜け足して徐々に売れ始め、一時期は立場が逆転するほどに。

現在は2人で朝の冠番組のMCを担当したり多数のレギュラー番組を抱えています。

両者とも好感度が高く、視聴率も取れと言われています。

ただ、相方の1人は最近番組中に後輩芸人を急に叱咤して泣かせるというハプニングを起こしています。

確かに、情緒不安定な一面も見せていますが・・・

 

九州出身の大物お笑いコンビ「N◯◯」

N◯◯」については片方が九州出身のコンビです。

N◯◯の片方は九州出身で兄弟揃ってお笑い芸人。

最初は兄がブレイクしましたが、後に弟がコンビとしてブレイク。

N◯◯は当時、これまでにない新しいスタイルの漫才で話題を呼びました。

好感度も高いですが、レギュラー番組についてはゴールデンタイムの番組はほとんどないため多数出演とまでは言えないかと。

また、大物ではありますが九州出身のお笑いコンビという事になると違うのですかね。

 

九州出身の大物お笑いコンビ「K◯◯◯◯・T」

こちらは共に九州出身の「K◯◯◯◯」。

ただ、K◯◯◯◯は相方が10年以上前に亡くなられており、現在はTが1人で活動されています。

コンビを解散しない理由は「コンビ名をずっと名乗れば相方に給料が入るから」と噂が流れていたのですが、本人がデマであると否定されていました。

Tについてはテレビ番組に多数出演しており最近はコメンテーターとしても活動されていますが、好感度が高いというイメージはないかと。

過去には浮気を報じられた事がありますし、男性からは人気がありそうですが女性からはそこまで支持を得ていないのでは。

後輩の面倒見もよさそうですが、Xではないですかね。

 

まとめ

薬物疑惑九州出身大物お笑いコンビの片割れXは誰?テレビ出演多数で好感度も高い】について紹介しました。

コンビの2人が共に九州出身で大物という事になると「H◯◯◯・H◯」以外は見当しないような気がします。

実際、TOCANAが提示したヒントがほぼH◯◯◯・H◯に当てはまる内容でしたから。

記事ではXの逮捕について、あとはタイミングだけと書かれているため本当であればかなりの衝撃とはなりそうですが。

※今回紹介したのはあくまでも噂に過ぎないので上記で挙げた人物が薬物をやっているとは限りません。

ベテラン歌手Xは誰で槇原敬之?ミリオン楽曲提供/薬物使用歴20年SM疑惑【東スポWeb】

2020年1月21日

薬物疑惑元お天気お姉さんXは誰?天然キャラでモデル実績も【TOCANA】

2020年2月8日

沢尻エリカを壊した夜友同世代有名俳優Xは誰?薬物疑惑で海外欧州逃亡【東スポ】

2020年2月8日

薬物疑惑人気ベテラン芸人Xは誰?漫才コンビボケ担当でモノマネが得意【TOCANA】

2020年2月9日