新型肺炎コロナ奈良バス運転手の入院先病院はどこでのぞみ診療所?現在は

2020年1月28日に奈良県のバス運転手が新型肺炎(コロナウイルス)に感染したと発表したニュースが話題になっています。

バス運転手は感染する少し前に中国武漢からのツアー客を乗せたバスを運転していたようです。

奈良県のバス運転手が感染した経緯や受診した病院や現在はどこにいるのかについて紹介しています。

奈良県在住のバス運転手が新型肺炎(コロナウイルス)に感染!

厚生労働省は28日、奈良県在住の60代男性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。

中国武漢市への渡航歴はなかった。

国内で感染者からうつされた可能性がある。確認されれば、国内で人から人に感染した初めての事例となる。

また、別に武漢市からの旅行者の40代男性にも感染が確認され、国内の感染者は6人になった。

(引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200128-00000062-kyodonews-soci)

このように奈良県に在住のバス運転手が新型肺炎コロナウイルスに感染した事が判明しています。

バス運転手は中国武漢への渡航歴はなく感染者からうつされた可能性があるようです。

そして、男性が症状を発症する前に中国武漢からのツアー客のバス運転手を担当して事が判明。

厚労省によると、奈良県在住の男性は、14日にせきや関節痛の症状が出はじめ、17日に奈良県内の医療機関を受診。

検査に異常はなく経過観察となったが、症状が悪化したため、25日に再び受診し、入院した。

男性は、1月8~11日と12~16日に東京都内で、武漢からのツアー客を乗せたバスの運転手だったという。

当時、乗客には新型肺炎を患っているツアー客はいなかったそうです。

これを踏まえるとツアー客の中の誰かがコロナウイルスを潜伏させた状態で来日していたという事になりますね。

そうなるとバス運転手だけでなくすでに日本人の多くがもしかしたらという事も・・・

また、バス運転手の症状は回復に向かっているとの事です。

男性の感染経緯について
  • 1月8日~11日:中国・武漢市から来たツアー客を大阪から東京方面の空港まで乗せる
  • 12~16日:別の武漢からのツアー客を、東京から大阪まで乗せる
  • 14日:悪寒や咳、関節の痛みを発症
  • 17日:奈良県内の医療機関で受診⇨検査結果で異常が見つからず経過観察
  • 22日:症状が悪化
  • 25日:再度受診したところ肺炎の症状が確認。県内の医療機関に入院

 

みんな反応

報道によると、奈良在住の人は武漢からのツアー客を乗せたバスの運転手だったそう。

それだけで感染するのは相当強い感染力を持ったウイルスだということ。

これを防ぐには中国人の入国禁止するしか方法がないと思うが。

日本人感染者が1人ということはまずあり得ない。

潜伏期間はによって差があるというからこれから発症者が何人も出る可能性は高いし、その感染者が発症までに他の人と接触してたら感染はさらに拡大する恐れがある

日本人も罹患者が増えるのが避けられない状況 マスク着用していても罹患する以上、通常の対応で防げるものではないことが明白。

今からでも中国人の入国を禁止してもらえないだろうか?

受験を控えた学生や高齢者など感染したら取り返しがつかない事態になることもあり得る訳だし。

症状が出る前から感染するとか言われてるけど、潜伏期間が長くて、そういう感染であったら、もう感染者が近くにいる可能性は高いな

(引用:Yahooコメントより)

 

受診した病院はどこで桜井市の「のぞみ診療所」?

また、バス運転手は奈良県桜井市にある「のぞみ診療所」で診断を受けたと言われています。

医療法人飯岡会のぞみ診療所の場所

住所:〒633-0005 奈良県桜井市大字忍阪39−1

ただ、現時点ではのぞみ診療所に来院した人物がコロナウイルスに感染したバス運転手との情報はではないようです。

のぞみ診療所については信頼出来る診療所との口コミがあります。

今回についても感染を拡大しないように迅速に休診の対応されている事からその様子が伺えます。

 

現在はどこで奈良医大?

また、バス運転手は現在は「奈良医大」で隔離されているとの事です。

(仰天ニュース)2003年SARSは毒王の周とリュウが感染原因?カルロ・ウルバニについても

2020年1月28日