アメリカ両親マリリン失踪事件の真相や犯人リッキーカナネンの現在は?【アンビリバボー】

2019年3月5日に放送される「アンビリバボー」で2003年にアメリカで起きた両親失踪事件について特集されます。

失踪したのは3人の子供がいる母親の「マリリン・カナネン」。

実は15年前の1988年には父親の「リチャード・カナネン」も失踪していたのです。

両親が突如として失踪してしまった理由・・・それは息子の「リッキー・カナネン」によるものでした。

リッキー・カナネンが起こした両親失踪事件の詳細と真相や現在について紹介していきます。

オーストラリアパラグライダー上空1万m事故!エワの生還理由と現在は【アンビリバボー】

2020年1月9日

コートニー全身やけど回復理由は娘で現在は?新恋人やインスタも【アンビリバボー】

2020年1月9日

【アンビリバボー】2003年アメリカ・フロリダのオーランドで母親のマリリン・カナネンが失踪!

事件は2003年、アメリカ・フロリダ州のオーランドで起きます。

オーランドの場所

3人の子供を持つ母親であるマリリン・カナネンが突如失踪。

マリリンの子供はすぐさま警察に相談。

子供は「母がいなくなったのはモンスターの仕業だ」と言うのです。

モンスターの正体は父親であるリチャード・カナネン。

リチャードはいい父親でしたが、事故で背中を負傷し、働けなくなった事に人格が変わり子供に暴力を振るうように。

朝から酒を飲んでは酔っ払っては子供やマリリンに暴力を。

そして、リチャードの暴力はエスカレーターし、銃で家族を脅す事も。

そんなリチャードとマリリンには3人の子供がいました。

リチャードとマリリンの子供
  • 長男:リッキー・カナネン
  • 長女:シェリル・カナネン
  • 次女:ステイシー・カナネン

リッキーは唯一の男としてリチャードの暴力に対抗し、家族を何度も守ろうとしたのです。

しかし、リチャードは
今度俺に楯突いたら頭を撃ち抜くぞ!
とリッキーを脅します。

時には銃弾がリッキーの腕に命中する事も。

リチャードの虐待によりマリリンや子供たちには体中にアザがあり、近隣住民にバレないように家族はアメリカを転々する日々を送っていたようです。

 

1988年にも父親のリチャード・カナネンが失踪していた

そんな中で1988年にリチャードが姿を消します。

失踪理由は不明でしたが、リチャードは普段から家を何度も空ける事があり、しばらく帰って来ない事がよくあったとか。

そして、家族にとってリチャードはモンスター的な存在。

それゆえ警察に捜索届けを出す事はしませんでした。

リチャードの失踪から1週間後、長女シェリルは結婚式を挙げます。

理由はリチャードから「結婚をすれば相手もろとも殺してやる」と脅されていたから。

また、リッキーとステイシーは母親であるマリリンの近くに一緒に暮らし始めます

こうしてリチャードがいなくなった事でカナネン家には平和が訪れます。

しかし、それから15年後の2003年に今度はマリリンが失踪。

2人はなぜ失踪してしまったのでしょうか

 

リチャードとマリリンが失踪した理由や事件の真相は?

リッキーとステイシーがマリリンの家を訪ねると、家にはリチャードの年金を受け取った小切手が置いてあったのです。

実はマリリンはリチャード失踪後、リチャードの年金を不正に受け取っていたのです。

その為、リチャードがマリリンのに家を訪れ、不正受給をしている事を知って激怒したとリッキーたちは推測。

また、警察も捜索を進めますが、マリリンやリチャードの手掛かりについてほとんど掴む事が出来ず。

しかし、マリリン失踪から3ヶ月後、マリリンの銀行口座から預金が引き落とされている事が発覚。

当初はリチャードが逃走資金の為に引き落としたと思われたが、詳しく調べると銀行口座にアクセスしたのはリッキーとステイシーの家からだった事が判明。

また、警察の捜査でマリリンが住んでいた家の隣人が、「マリリンが父親から遺産を相続し、それをリッキーとステイシーが狙っている」と相談されていた事が分かります。

警察はすぐにリッキーとステイシーを事情聴取。

ステイシーは遺産について何も知らないと分かると、警察はリッキーに疑いの目を。

聴取でリッキーは15年前にコンクリートを切断する工具をレンタルしたレシートを見せ、「実は15年前、母親が父親を殺した」と言ったのです。

しかし、警察はマリリンが行方不明になった事を関係あるかは

その後、釈放されたリッキーとステイシー。

リッキーは「警察は俺たちを疑っている。一緒に自殺しよう」とステイシーに提案。

2人は無理心中を図りますが、警察が尾行していたため一命を取りとめます。

 

リッキー・カナネンが犯人!現在やその後と裁判結果は?

(画像引用:https://www.pinterest.jp)

プロフィール
  • 名前:リッキー・カナネン(Rickie・Kananen)
  • 生年月日:1956年4月18日(63歳)

保護されたリッキーは全てを自白。

リチャードを殺害し、コンクリートを切断する工具をレンタルしたのはリッキーだったのです。

そして、マリリンを殺害し、死体を家の裏庭に埋めた事も供述。

父親殺害の理由は暴力から家族を守る為であったが、母親殺害の理由は母親が相続した遺産に目がくらんだ為であった。

裁判が開かれると、リッキーは2007年に両親殺害の第一級殺人により懲役30年の刑が言い渡されています。

小川よういちがサハリン/樺太残留日本人の帰国に貢献理由は?【アンビリバボー】

2020年1月30日

石浜仁バイク事故の犯人や真実は?駒沢幹也(伝説の交通事故鑑定人)の現在も【アンビリバボー】

2020年2月20日