ヤクルトベンチ「当たったら死ぬぞ!」ヤジは誰?藤浪の暴投に対してか

2019年3月11日おこなれたプロ野球ヤクルト対阪神のオープン戦で、試合中にヤクルトベンチから「当たったら死ぬぞ!」とヤジが飛びネットで話題になっています。

そして、ヤジを飛ばしたのは誰なのか。

ヤクルトベンチから出た「当たったら死ぬぞ!」というヤジとヤジを飛ばしたのは誰なのか紹介していきます。

ヤクルトベンチが「当たったら死ぬぞ!」とヤジ!阪神藤浪の投球に対するものか

このように、ヤクルトベンチから「当たったら死ぬぞおい」とヤジが飛んでいたようです。

新型コロナ対策のため無観客試合である事から、選手やコーチの言葉をマイクがガッツリ拾っていますね。

なぜこんなヤジが飛んだかという、直前に阪神の藤浪晋太郎投手がヤクルトの塩見泰隆選手に対して顔面すれすれの暴投をしていたからみたいです。

暴投直後には阪神ベンチにいたコーチ陣がニヤついていた事が指摘されているため、ヤクルトベンチからヤジが飛んでも致し方ないかと。

 

みんなの反応

今日の試合での藤浪相手へのヤジが物議を醸してるよう。 贔屓目に見ても当たったら死ぬ(ような球だ)し言い方はアレやが言いたい気持ちもわかるわ。 ただそれ以外は藤浪を褒める内容やない?抜け球のせいで踏み込めない云々は置いといて、藤浪嫌なら登板嫌がるくらい打ったれよと思う

「当たったら死ぬぞおい」発言は正直仕方ないと思う。声聞いた感じ煽りとかヤジとか言うよりは怒ってるように聞こえたから、そりゃ誰だって大事な選手に頭に死球しそうだったら怒るでしょ、しかも昨シーズン坂口が死球直撃で離脱したし。そして阪神ファンは藤浪の投球が頭付近にすっぽぬけたから、

藤浪に対して「当たったら死ぬぞ」って言うヤジがあったんやね。 ヤクルトベンチから ふーん プロやったら、何言うてもええんか? ヤクルト好きやったのにな 残念やな

藤浪の抜け球投げようとも、阪神ベンチがニヤついてようとも、それに触れると当たったら死ぬぞ!なんてヤジ飛ばしてるのが併せて伝わっちゃうので風化させた方がええと思うよ…

(引用:Twitterより)

 

「当たったら死ぬぞ!」とヤジを飛ばしたのは誰で宮出隆自コーチ?


そして、「当たったら死ぬぞ!」とヤジを飛ばしたのは「宮出隆自コーチ」ではないかと言われています。

プロフィール
  • 名前:宮出 隆自(みやで りゅうじ)
  • 生年月日:1977年8月18日(42歳)
  • 出身地:愛媛県宇和島市
  • 高校:宇和島東高校
  • 所属チーム:東京ヤクルトスワローズ(一軍ヘッドコーチ)
経歴

  • 東京ヤクルトスワローズ (1996 – 2009)
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス (2009 – 2010)
  • 東京ヤクルトスワローズ (2011 – 2012)

宮出隆自コーチは現在、ヤクルトの一軍ヘッドコーチを務められています。

元プロ野球選手で、1995年にドラフト2位でヤクルトに入団。

元々は投手でしたがケガで2002年に外野手に転向。

チームではチャンスに強い選手として活躍されました。

その後、2009年にトレードで楽天に移籍。

2010年に戦力外通告を受けるも2011年にヤクルトに復帰しています。

そして、2012年に現役を引退。

2013年にヤクルトの二軍コーチに就任。

以降は様々なコーチを経験し現在に至ります。

ただ、現時点では宮出隆自コーチによる発言なのかは判明しておりません。

 

まとめ

ヤクルトベンチ「当たったら死ぬぞ!」ヤジは誰で宮出コーチ?藤浪の暴投に対してか】について紹介しました。

今回は無観客試合だからこそ判明したといったところでしょう。

観客がいると聞こえないだけで普段からはそういったヤジが飛んでいるとファンの方は思ってしまいますね。

藤浪晋太郎投手の投球は確かに危険と言われていますが、彼もわざと危険な球を投げているわけではないので、ファンならまだしも他球団がヤジるのはやはりよろしくないでしょう。